タイトル



2019年5月26日(日)
開催地 : 大阪市城東区

 
 

全国各地で開催され、参加型リアル合戦再現イベントとして話題のガチ甲冑合戦!
本格的セミナーを開催!!


戦国体感セミナー

 
 

これまでの「ガチ甲冑合戦」で得られた数々の貴重な実験・検証結果をもとに資料だけではわからなかった戦国時代の合戦の謎に迫ります!
当日は座学や実技を交え、戦国時代の武器の種類(槍、刀、弓、火縄銃など)や用法を詳しく解説!
昼食時には講師との交流も出来ますので、普段は聞けない素朴な疑問やマニアックな話、TV や映画撮影時の苦労・裏話なども耳にするチャンス!!
ガチ甲冑合戦への参加経験の有無を問わず、どなたでも楽しく学べます。

解説は、NHK 教育テレビや日本テレビなどの番組で戦国時代の武器の解説・実演をおこなっている、日本甲冑合戦之会 代表:横山雅始が担当します。


ガチ甲冑合戦とは?

 

ガチンコで甲冑武者たちが戦う「ガチ甲冑合戦」は、国内外の武術家や格闘家を中心にして 日本甲冑合戦之会 がおこなうリアルな合戦再現イベント。
集団戦や一騎討ちなどが行われ、公募による一般参戦者も含めた100名~200名が、戦国時代さながらに激突します。

ガチ甲冑合戦


一般参戦者は槍隊の将兵となり、敵の置楯を槍で倒し陣形を崩します。体に槍が当たらないよう安全に配慮されてはいますが、毎回激しい攻防戦となっています。

実際に槍を合わせる集団戦や一騎討ちなどは、武術家や格闘家たちがガチンコ勝負でおこないます。


勝敗に関しては筋書きナシのガチバトルなので、歴史どおりの結果とならないことも多々あります。

 



イベント概要


ガチ甲冑合戦

戦国体感セミナー

 

開催日 2019年5月26日(日) 雨天決行
場 所 コミュニティーホールしぎの
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西2-11-18
最寄り駅:JR「京橋」駅 南口, JR「大阪城公園」駅,
地下鉄鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅(それぞれ徒歩約10分)

参加資格 15歳以上の心身ともに健康な男女
(未成年者は保護者の承諾が必要です)
参加費 8,000円
※合戦弁当、甲冑装備・武器等のレンタル代・イベント保険代を含む
※ガチ甲冑合戦の参加経験者は500円割引
参加申込 ※事前お申込み必須
1. 応募フォームよりお申込みください
2. お申込者に参加詳細をメールで送付します
3. 参加詳細のメール受信後10日以内に、参加費をお振り込みください
4. お振込みいただいた時点で参加確定となります
※期日までにお振込みいただけない場合は、自動キャンセルとなります

2019年3月15日(金) 募集開始
2019年5月15日(水) 募集締切
※人数制限あり(定員に達し次第、締め切ります)
主 催 国際武術文化連盟
日本甲冑合戦之会 (ガチ甲冑合戦)
※お問合せは こちら
ポスター ポスター
※クリックで拡大します
参加にあたって 本イベントに関して、
・主催者側で、写真・動画撮影したものを公開する事があります。
・写真撮影OK、動画撮影は禁止です。
 撮影物の無断での商用利用があった場合は、損害賠償責任が生じる事があります。
キャンセルについて ・2019年5月20日までのキャンセルは、振込み手数料を差引き、返金いたします。
・2019年5月21日以降のキャンセルに関しては、返金は致しかねます。ご了承ください。

タイムテーブル(予定)
タイムテーブル

※午前中の屋内セミナーは参加者のみ入場可能ですが、
 屋外セミナー中は参加者以外の方の見学も可とします

 
 

本イベント趣旨


実は戦国時代に関する資料は少なく、謎に包まれた部分が多い時代です。
現在、私たちが知っている武術の殆どが平和な江戸時代に確立されたもので、戦国時代以前の戦い方は実際に検証しながら解明していくしかありません。
しかし、本当の合戦(戦争)をすることはできません。そこで、ガチ甲冑合戦という模擬戦闘を通じて私たちは戦国時代の戦い方を解明しようとしています。
今回のセミナーはガチ甲冑合戦で検証した貴重な事柄を、みなさまに少しでも多くお伝えできればという思いで開催します。



戦国の槍

戦国時代の槍の使い方や、織田信長の考案といわれる6m槍の長さ体験など。
幾つものテレビ番組で取り上げられた「槍は叩くもの」とはいったいどういう意味なのか、番組撮影の苦労話や裏話などを交えながら、実際に体感していただきます。

 


戦国の弓術

現在、私たちが知っている弓道とは全く違う弓の使い方です。
敵の矢や鉄砲に当たりにくく、自在に方向を変え、連射性を高める実戦的な射法について、演武や解説をおこないつつ、実際に体感いただきます。
この射法は、映画刀剣乱舞の火矢のシーンの指導や、花の慶次の公式FBの動画などでもおこなってきました。

 


戦国の刀

現在おこなわれている古式鍛錬による日本刀の製造方法とは江戸時代以降のものです。
戦国時代以前の刀の製法は正確に解明されていません。構造が根本的に違っているのです。したがって、戦国時代の刀の使い方も実は江戸時代とは違うのです。
さらに、刀の仲間である短刀。実は長槍と短刀はコンビで仲良く活躍していたのです。

 

 

ガチ甲冑合戦、武器や役割


当時の合戦と同じくガチ甲冑合戦も、まずは火縄銃や弓、投石(印地打ち)などの遠戦から始まります。
それから槍による集団戦や一騎討ちなどの近接戦へと移り、それらの流れにより合戦の勝敗が決まっていきます。

 

火縄銃
戦国弓
印地打ち
槍隊
近習隊
グループ戦
一騎討ち
かく戦えり


※観戦者の方からご提供いただいた画像を使用しています